So-net無料ブログ作成

噴火レベル3ってどれくらいなの?気象庁の情報をお届け!

スポンサードリンク




箱根山の火山活動が活発になり
800年ぶりに噴火のおそれがある
という発表がされました。

これに伴い、箱根山の火山の噴火レベルが
レベル3に引き上げられました。

レベル3と言われても、一般人の
私達にはなんのことかわからないですよね。

そこで、今回はレベル3について、
詳しくお話していきます。レベル3は、
別名「噴火警報」と言われています。

つまり、噴火することが
現実味を帯びてきている状態である
ということです。

レベル3になると「入山規制」
が引かれますので、
一般の人はその山に近づけなくなります。

このレベルになると、
火山活動は以下のようになると言われています。

人のいる「居住地域」の近くまで
重大な影響を及ぼし
(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)
噴火が発生、あるいは発生すると予想される。

住民も危険な範囲にいる人は
避難指示が出ます。

このように、レベル3というのは
「噴火の可能性がある」レベルだということです。



PR







箱根町の偉い人が火山活動を
「風評被害」だと言っていましたが、
とんでもないですね。

箱根町の方々の無事をお祈りいたします。

今日も最後まで
お読み下さり
ありがとうございました。

それではー!


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。